あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
その他情報について

「ねんきん情報アプリ!」の提供を開始(日本年金機構)

2017.11.01

 厚生労働省は、若者を中心に公的年金制度への理解の促進を図るため、スマートフォン用アプリ「ねんきん情報アプリ!」の試行版の提供を開始しました。今後、皆様からのご意見やご要望を踏まえたアプリの改善を行いながら、若者に重点を置いた広報活動を展開する予定です。「ねんきん情報アプリ!」試...

新卒社員の離職理由のトップは男女共に「労働時間(残業を含む)が長い」に

2017.11.01

働き方改革が進展する中で、働く側の意識も急速に変化しています。中でも若年労働者の長時間労働を避ける動きは年々強まっており、それが離職の大きな理由になってきています。先日、東京都の25歳~34歳の男女8,000名を対象にした調査で、正社員として就職した者の離職理由について、男女別で...

「年末調整電子化」マイナポータルで変わる業務のあり方(内閣府)

2017.11.01

 各種マスコミにおいて年末調整の電子化に関するニュースが大きく報じられています。今後、保険料控除・住宅ローン控除などの各種控除に係る情報をマイナポータル(※)に通知し、簡便に控除申告書が作成できる環境を用意し、雇用主に対して電子的に提出できる仕組みを構築するという方針が内閣府より...

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書ダウンロード開始(厚生労働省)

2017.10.02

 今年も年末調整の時期が近づき、国税庁のホームページで平成30年分の扶養控除等(異動)申告書と平成29年分の保険料控除申告書が公開されました。平成30年からは配偶者控除および配偶者特別控除が変更となり、新たに「源泉控除対象配偶者」という考え方が導入されます。改正点をチェックし、年...

振替加算未支給の対応について(厚生労働省)

2017.10.02

 ニュースにもなりました年金の振替加算の未支給問題の調査結果が公表されました。調査の結果105,963人が未支給であり、該当者へは11月上旬に日本年金機構から通知が届く予定です。万一該当者が亡くなっている場合は遺族に届く場合があります。年金を受給しながら働いている方、年金を受給し...

59.5%の労働者が現在の仕事等で強いストレスを感じている(厚生労働省)

2017.10.02

 仕事をする上でストレスはつきものかと思いますが、厚生労働省は「平成28年労働安全衛生調査(実態調査)」の中で、その実態調査を実施しました。これによれば、現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者割合は59.5%となっており、平年並み横ばい...

育児短時間勤務制度 小学校就学の始期に達するまでが全体の30.8%(厚生労働省)

2017.09.01

 改正育児・介護休業法が施行されることに伴って、育児短時間勤務制度についての調査があり、その結果、女性の育児休業の取得率は81.8%となっています。復帰後は育児短時間勤務制度を利用する従業員が多いと思われます。この制度は、法令で3歳未満の子を養育する従業員が利用できる制度を設ける...

経団連集計の中小企業賃上げ最終集計(日本経済団体連合会)

2017.09.01

 日本経済団体連合会(経団連)が、2017年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果の最終集計を発表しました。この調査の対象は、従業員数500人未満の17業種741社で、妥結し、集計可能な478社の平均です。これによれば今春の中小企業の賃上げ妥結額の総平均4,586円(1.81%)と...

中小企業の60.6%が人手不足を実感(日本商工会議所)

2017.08.01

 日本商工会議所は、「人手不足等への対応に関する調査」を実施し、その結果を公表しました。この調査は、全国47都道府県の中小企業4,072社を対象に実施したもので、その回答企業数は2,776社(回答率:68.2%)となっています。  これによれば、人手が「不足している」と回答した...

ストレスチェック 実施率は82.9%(厚生労働省)

2017.08.01

 厚生労働省は、全国の事業場から労働基準監督署に報告のあったストレスチェック制度の実施状況についての調査結果(対象は常時50人以上の労働者を使用する事業場)を公表しました。  これによれば、平成29年6月末時点で82.9%の事業場でストレスチェックが実施されたことが分かりました...
ページのTOPへ