あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・ご相談はコチラから
9:00~18:00 土日祝日応相談
静岡オフィス 055-983-6770
東京オフィス 03-6430-9450
大坂オフィス 06-6776-8480
お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
その他情報について

7割を超える大学生・大学院生が参加するようになったインターンシップ(内閣府)

2019.01.04

 学生の就職・採用活動の実態を把握するため、平成30年度卒業・修了予定の大学生及び大学院生を対象に実施された、平成30年度の「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」の報告書が公開されました。  対象は、医学科・薬学科・歯学科・看護学科・獣医学科、海外からの留学生を除く大学...

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度開始秒読み(厚生労働省)

2018.12.03

 来年4月より産前産後休業期間中の国民年金保険料が届出により免除となることに伴い、運用について厚生労働省から各局へ通達が発出されました。それによると、出産前に産前産後免除に係る届出を行う場合は、出産の予定日の6ヵ月前から市区町村に届出を行うことができるが、制度施行時においては、施...

66歳以上が働ける制度のある企業は4社に1社(厚生労働省)

2018.12.03

 先日、厚生労働省から「平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果」(以下、「集計結果」という)が公開されました。(調査対象は従業員31人以上の企業156,989社)  これによると、65歳までの雇用確保措置のある企業は99.8%となっており、ほとんどの企業で高年齢者雇用安定法に...

正社員不足の企業は52.5%、調査開始以来過去最高を更新(帝国データバンク)

2018.12.03

 帝国データバンクが10月18日~31日までに実施した「人手不足に対する企業の動向調査(平成30年10月)」(調査対象は全国 23,076社、有効回答企業数は9,938社)によると、正社員が不足している企業は 52.5%で 1年前(平成29年10月)から 3.4ポイント増加、調査...

平成30年の年末調整情報がすべて揃う国税庁のページ(国税庁)

2018.11.01

 今年の年末調整は準備を進めるに従い、変更された配偶者控除および配偶者特別控除について従業員の理解を求めることが大変だと感じている担当者の方も多いのではないでしょうか。国税庁では「年末調整がよくわかるページ」を開設し、年末調整に関する情報の提供を開始しています。このページでは、配...

平成30年度「ねんきん月間」の取り組み(日本年金機構)

2018.11.01

 日本年金機構は厚生労働省と協力して、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、公的年金制度の普及・啓発活動を展開します。11月30日が「年金の日」と制定されています。  「ねんきん月間」の期間中は、市区町村役場、大学、祭事会場、商業施設など、全国各地の様々な場所で、年金事務所職員な...

企業へ時差出勤など要請 五輪時の交通抑制

2018.11.01

 東京都は、2020年オリンピック・パラリンピック開催時の交通混雑を抑制するため、企業にテレワークや時差出勤などの協力を求める説明会・相談会を11月下旬から継続的に実施します。交通需要の抑制・分散・平準化を図る交通需要マネジメント(TDM)を実施しなかった場合の鉄道・道路の混雑状...

保育所等の入所申込書に添付する「就労証明書」 パソコンでの作成が可能に

2018.11.01

 認可保育所等の入所を申し込む際などには、働いていることの事実を証明する書類である「就労証明書」の添付が必要となります。この就労証明書は、勤務している企業が、作成することになっており、定期的に手書きでの作成が求められるため、人事担当者等の負担はかなり大きなものとなっています。 ...

[年末調整]平成31年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書ダウンロード開始(国税庁)

2018.10.01

 今年も年末調整の時期が近づき、国税庁のホームページで「平成31年分の扶養控除等(異動)申告書」が公開されました。すでに「保険料控除申告書」と「配偶者控除等申告書」は公開されていますので、早めにご準備を。

2020年10月導入に向けて進められる年末調整手続きのシステム化による簡便化

2018.07.02

 国税庁から「税務行政の将来像」が公開され、今後年末調整における各種控除の証明のあり方が変わることが見込まれています。  その中でも企業と従業員との間のやり取りに関連のあるものとしては、「年末調整手続の簡便化」が挙げられますが、これについては2020年10月導入予定として、「従...
ページのTOPへ