あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
労働関係情報について

100時間超の残業 産業医に報告(罰則なし実効性の確保課題)(厚生労働省)

2017.03.01

 厚生労働省は6月から、企業に対して月100時間を超えて残業をしている従業員の情報などを産業医に報告することを義務付ける方針としました。厚生労働省は産業医がこうした情報をもとに企業上層部に改善を呼び掛けるとともに、企業が過重労働をさせないよう律する効果を見込んでいます。また、健康...

違法な長時間労働「月80時間超」是正されない場合企業名公表(厚生労働省)

2017.03.01

 厚生労働省は、「過労死等ゼロ」緊急対策の一環として、是正指導段階での企業名公表制度の強化に乗り出しました。対象範囲を月100時間超の長時間労働から月80時間超まで拡大するほか、過労死などで労災支給決定したケースも含め、これらが同一企業の2事業場で確認された場合に、企業本社の幹部...

4割超で違法な残業 タイムカードの不正打刻も(厚生労働省)

2017.03.01

 厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場を対象に重点監督を行いました。4割を超える事業場で違法な時間外・休日労働が認められたほか、8割強で過重労働による健康障害防止対策が不十分だったとして指導しています。  監督事例によると、36協定で定める上限時間以内に抑えるため、一部の役...

実質賃金(速報値)0.7%増(厚生労働省)

2017.02.01

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(平成28年分)によりますと、平成28年の一人平均月間現金給与総額は31万5,372円(規模5人以上で前年比0.5%増)、現金給与総額のうち、決まって支給する給与は、25万9,735円(同0.2%増)となりました。所定内給与は24万267円(...

労働者派遣事業の許可を取消し、特定労働者派遣事業の事業廃止を命じる(厚生労働省)

2017.02.01

 厚生労働省は平成29年2月3日付で労働者派遣事業を営む派遣元事業主のうち、「関係派遣先派遣割合報告書」を提出しない事業主2社に対して労働者派遣事業の許可を取消し、また、特定労働者派遣事業を営む派遣元事業主111社に対して、特定労働者派遣事業の事業廃止を命じました。対象の事業主は...

有給休暇付与の早期化提言(規制改革推進会議)

2017.02.01

 規制改革推進会議は、「法定休暇付与の早期化に関する意見」を取りまとめ、公表しました。具体的には、 ■入社後、半年間は法定年次有給休暇が付与されない現行の仕組みを勤務開始日に1日、以 後1ヵ月ごとに1日を付与し、7ヵ月目に4日(計10日)付与する仕組みとすること。 ■入社後、...

介護休業給付申請も分割可能へ

2017.02.01

 育児・介護休業法が1月の改正に合わせ、これまで対象家族1人の同一要介護状態につき1回のみの取得となっていた介護休業が、対象家族1人につき3回まで分割取得できるようになりました。支給額にも影響する休業開始日額は2回目・3回目についても各々の休業開始前に支給されていた賃金で新たに登...

不払い残業約100億円(厚生労働省)

2017.02.01

 厚生労働省は、平成27年度の「監督指導による賃金不払残業の是正結果」を公表しました。 これは、全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、不払の割増賃金が各労働者に支払われたもののうち、その支払額が1企業で合計1...

変形労働時間制度「労働時間チェックカレンダー」の活用(静岡労働局)

2017.01.04

 変形労働時間制を導入している企業では、毎年、会社カレンダーを作成されていることと思いますが、静岡労働局より、変形労働時間制を適正に設定できる「労働時間チェックカレンダー」が公開されました。  この「労働時間チェックカレンダー」には、1ヵ月単位と1年単位の変形労働時間制の2つの...

「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を実施(厚生労働省)

2017.01.04

 厚生労働省と中央労働災害防止協会は、労働災害発生件数の多い小売業、社会福祉施設、飲食店での災害防止の取組を促進させるため、平成29年1月より「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を初めて実施します。  小売業などの業種では、就業者数の増加、特に高年齢労働者の増加によ...
ページのTOPへ