あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
労働関係情報について

管理監督者の22.3%が「年休取得は年5日未満」と回答(日本経済団体連合会)

2017.08.01

 日本経済団体連合会(経団連)が249社(対象労働者1,104,389人)を対象として実施した年次有給休暇の取得状況に関する調査結果によれば、年次有給休暇の取得率は64%となっています。現在、国会に提出されている労働基準法改正案は、企業に5日以上の有給取得を義務付けることが盛り込...

地域別算定賃金の改定額が答申されました(厚生労働省)

2017.08.01

 都道府県ごとに決められる地域別最低賃金の2017年度の改定結果がそろい、全国平均の時給は前年度より25円高い848円になりました。2年連続の大幅引き上げとなります。

長時間労働が疑われる事業場への監督指導 66%で法令違反あり(厚生労働省)

2017.08.01

 平成28年4月から平成29年3月までに、長時間労働が疑われる事業所に対し、労働基準監督署が行った監督指導の実施結果によれば、監督指導の実施事業場は23,915事業場であり、そのうち、15,790事業場(全体の66.0%)で労働基準法などの法令違反が見られたという結果になりました...

ストレスチェック 実施率は82.9%(厚生労働省)

2017.08.01

 厚生労働省は、全国の事業場から労働基準監督署に報告のあったストレスチェック制度の実施状況についての調査結果(対象は常時50人以上の労働者を使用する事業場)を公表しました。  これによれば、平成29年6月末時点で82.9%の事業場でストレスチェックが実施されたことが分かりました...

第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」企業募集開始(厚生労働省)

2017.08.01

 この表彰制度は、平成29年7月14日から9月15日まで、生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立に取り組む企業を募集し、他の規範となるような優れた取組を行っている企業などを表彰するもので、働きやすく生産性の高い優良な職場環境を、さらに構築することを目的としています。...

保育補助の雇用助成拡大 不足解消へ要件緩和

2017.07.03

 厚生労働省は保育の人材不足解消に向け、保育補助にあたる人の雇用要件を大幅に緩和します。早ければ今年度中にも、雇用支援の対象者を保育士になりたい人全般に広げ、職場で働きながら知識や技術を身につけてもらいます。

ユースエール認定企業が200社を超え(厚生労働省)

2017.07.03

 厚生労働省は、ユースエール認定を受けた企業が6月30日時点で209社に達したと、公表しました。ユースエール認定制度とは、若者の採用・育成に積極的で雇用管理の状況などが優良な中小企業を認定する制度です。認定を受けるためには、「直近3事業年度に正社員で就職した新卒者などの離職率が2...

精神疾患の労災認定、28年度は最多の498人(厚生労働省)

2017.07.03

 長時間労働などで精神疾患を発症し、平成28年度に労災認定を受けたのは498人(前年度比26人増)で、過去最多を更新しました。498人のうち3割超は月平均で100時間以上の時間外労働をしていたが、20時間未満でも84人が労災認定を受けていました。  年代別にみると、30~50代...

障害者法定雇用率は更に2.3%へ引き上げへ (厚生労働省)

2017.06.01

 厚生労働省の労働政策審議会は、諮問を受けていた民間企業の障害者雇用率を現行の2.0%から2.3%とする答申を厚生労働大臣に行いました。  施行期日は2018年4月1日となります。来年度からは対象従業員46人に1人の障害者雇用が求められるようになります。更なる障害者雇用ニーズが...

「くるみん」の認定基準が変更されています(厚生労働省)

2017.06.01

 2017年4月より、くるみんの認定は、子育てサポート企業を多方面より評価する認定基準に変わり、主な改正ポイントは以下の4点になります。 ①労働時間の基準を追加(以下の2つの基準を満たすこと) (1)フルタイムの労働者等の法定時間外・法定休日労働時間の平均が各月45時間未満 ...
ページのTOPへ