あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・ご相談はコチラから
9:00~18:00 土日祝日応相談
静岡オフィス 055-983-6770
東京オフィス 03-6430-9450
大坂オフィス 06-6776-8480
お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
労働関係情報について

過重労働解消キャンペーン、対象事業場の65.9%が法令違反(厚生労働省)

2018.06.01

 厚生労働省は昨年11月に「過重労働解消キャンペーン」を実施し、労働基準監督署による重点監督などを進めましたが、先日、この実施結果が発表されました。  今回行われた重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や、若者の「使い捨て」が疑われる事業場など...

ハローワークを通じた障害者の就職件数が過去最高に(厚生労働省)

2018.06.01

 平成30年4月より法定雇用率が2.2%に引き上げとなりましたが、これに関して、厚生労働省より「平成29年度 障害者の職業紹介状況等」が公表されました。  この結果によれば、平成29年度における障害者雇用の新規求職申込件数は202,143件で、対前年度比5.4%のプラスとなって...

男性の育児休業取得率 前年比1.6倍増の5.14%に(厚生労働省)

2018.06.01

 厚生労働省は「平成29年度雇用均等基本調査」の速報を公表しました。これによれば、平成29年度の男女別の育児休業取得率は以下のようになっています。  ■女性 83.2%(前年度比+1.4%)  ■男性 5.14%(前年度比+1.98%)  男性の育児休業取得率は、女性と...

現在行われている「アルバイトの労働条件を確かめよう! 」

2018.05.01

 昨年はブラックバイトという言葉をよく耳にしましたが、厚生労働省では、引き続き全国の大学生等を対象に、特に多くの新入学生がアルバイトを始める4月から7月までの間、労働条件の確認を促すことなどを目的としたキャンペーンを実施しています。このキャンペーンでは、重点的に以下の事項が呼びか...

過労死等の防止のための対策に関する大綱(素案)に示された長時間労働の是正策(厚生労働省)

2018.05.01

 先日、厚生労働省は過労死等の防止のための対策に関する大綱(素案)を公表しました。この中で、長時間労働の是正策について、「(3)長時間労働の削減のための周知・啓発の実施」の中に追加事項がありました。中でも注目すべきは、労働時間の把握は、原則として使用者の現認またはタイムカードなど...

労働基準監督署に「労働時間改善指導・援助チーム」を編成(厚生労働省)

2018.04.02

 4月1日から全国の労働基準監督署に、働く方々の労働条件の確保・改善を目的とした「労働時間改善指導・援助チーム」が編成されます。  このチームは2つの班で編成され、「労働時間相談・支援班」では全国の労働基準監督署内に「労働時間相談・支援コーナー」を設置するなどし、主に中小企業の...

大企業よりも中小企業の意欲が高い今春の「賃金改善」意向(帝国データバンク)

2018.03.01

 今春は「賃上げ」が大きなキーワードになっており、各社ともご対応に苦慮されているのではないかと思いますが、今年は中小企業における賃上げの意向が、大企業以上に強くなっているようです。帝国データバンクの「2018年度の賃金動向に関する企業の意識調査」によると、(今年1月調査実施、全国...

87.8%の企業が平成29年に賃金の引き上げを実施(厚生労働省)

2018.02.01

 平成29年に賃上げが実施されたかが分かる厚生労働省の資料「平成29年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況」が昨年公表されました。  これによると全企業のうち、平成29年中に「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」と回答した企業は87.8%にのぼり、前年の86.7%を上回る結果...

中国との社会保障協定が実質合意(厚生労働省)

2018.02.01

 日中両国政府は、日中社会保障協定について実質合意に至りました。今後、両国は協定案文の確定等、必要な作業及び調整を行い協定の早期署名を目指することになります。  今後、この協定が締結されれば派遣期間が5年以内の一時派遣被用者等は、原則として派遣元国の年金制度及び医療保険制度等に...

健康経営のための大幅増となった法定外福利費(日本経済団体連合会)

2018.02.01

 「健康経営」と言う言葉が注目を浴びるようになっていますが、「第61回福利厚生費調査結果報告」の結果を確認すると、2016年度に企業が負担した福利厚生費は2年連続で11万円を超えています。特に「法定福利費」は7年連続増加し、過去最高額となっています。厚生年金保険料率が2017年度...
ページのTOPへ