あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
2021.01.01

勤務間インターバル制度を導入している企業は4.2%

先日、厚生労働省から「令和2年就労条件総合調査 結果の概況」が公表され、その中で勤務間インターバル制度の内容がとり上げられています。

 まず、1年間を通じて実際の終業時刻から始業時刻までの間隔が11時間以上空いている労働者の状況を見てみると、「そのような労働者が全員」とした企業割合は32.4%、「ほとんど全員」とした企業割合は33.7%となっています。その一方で、「まったくいない」とした企業割合は13.1%となっており、企業規模が小さくなる程、「まったくいない」と回答した企業割合が高くなっています。

 また勤務間インターバル制度の導入状況を見ると、
導入している 4.2% 導入を予定または検討している 15.9% 導入予定はなく検討もしていない 78.3%

 導入している企業を企業規模別にみると、1,000人以上では11.2%、300~999人では7.9%となっていますが、100~299人では3.8%、30~99人では3.7%と、企業規模が小さくなるほど勤務間インターバル制度の導入割合も低くなっています。

 過重労働の防止対策の一つとして、この勤務間インターバル制度が挙げられており、厚労省から「勤務間インターバル制度導入・運用マニュアル」が出されていますので、参考にしてみてください。

ページのTOPへ